オーガニック&エコ てくてくのスタッフ綴り

tekutekub.exblog.jp
ブログトップ

移転へのいきさつ

移転を決めたきっかけは、3月11日に東日本を襲った大地震と大津波、そして原発事故です。

「てくてく」のある建物は、壁にひびが入っていたり、雨漏りがしたり、
以前から(中越地震の頃から)、心配だったのですが、
今回の地震以降、地震が活発化していること、また、東海地震の確率も高いことから
いよいよその不安も増すようになりました。

そしていまだ終息しない原発で、なにか重大な事故が起きたら。
「てくてく」と「つきのいえ」、店舗が2ヶ所に分かれていることが
危機管理の点で難しいという問題が浮かびました。

高羽町で「てくてく」の営業を始めて18年。
地域の皆様に支えられ、楽しい時間を共に過ごしてきた、この地を離れることは、苦渋の選択ではありました。
何より、ご愛顧いただいている皆様にご不便ご迷惑をおかけすることをほんとうに心苦しく思います。

しかし、閉店するわけではありませんので!
そんなに遠くではありませんし、ぜひぜひ、足を運んでいただきたく思います。

「つきのいえ」は店内も広く、土蔵造りの建物も趣があり
その空間を気に入ってくださるお客様もたくさんいらっしゃいます。

イベント等に使っていたスペースが使えなくなるのはチョット残念ですが、
今後、「てくてく」で扱っていた食品などの商品も店頭に並び
より幅広く充実したラインナップでご提供できることを、喜びたいと思います。

いまだ続く震災および原発事故の影響を受け、食と環境の安全性の確保がより一層重要になってきます。
また、エネルギー問題をはじめ、暮らしのあり方を考え直そうという大きな流れが起きています。

そんな時勢の中で、作る人と使う人の暮らしと環境を大切にした商品を広め、
暮らしに大切な情報を発信していく場としての、てくてくの役割を自覚し
スタッフ総力を結集して、一層の努力をしていきたいと思っています。

もっと早くお知らせしたかったのですが、なかなか決断ができず、
急なお知らせとなってしまい、誠に申し訳ございません。

今後のスケジュールとしては

6月半ばに 「てくてく」「つきのいえ」とも、引越しのためのクリアランスセール。

できるだけ身軽にして引越ししたいので、ぜひご協力ください。
あくまで在庫一掃セールなので、品切れ・完売はご容赦ください。

その後、5日間ほどお休みをいただいて、引越しをします。
このとき、お手伝いいただける方がいらっしゃいましたら、ぜひお願いしたいと思います。
よろしければスタッフまでお声がけくださいませ。

そして、新店舗オープンの際は、キャンペーン・特典等、なにかできればと考えています。
詳細は追ってお知らせいたします。

引越し、改装に伴い、商品の不足や店内乱雑になったりすることもあるかと思いますが
ご容赦ください。

今後の予定等、ブログ、ツイッターでも発信しますので、こちらもチェックよろしくお願いします。
[PR]
# by ms66dj | 2011-05-26 17:23 | 情報

店舗移転のお知らせ

お客様各位


日ごろは格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございます。

さて、このたび
下記の通り店舗を移転し、姉妹店「自然雑貨つきのいえ」に統合する運びとなりました。

かねてより、店舗建物老朽化の件は懸案でありましたが、
3月11日の東北地方太平洋沖地震以降、地震が活発化していること、また
近い将来起こる確率の高い東海沖地震への懸念から、
思い切って移転に踏み切る決断に至りました。

長い間、高羽町にてご愛顧いただいたお客様へはご不便、ご迷惑をおかけすることとなり
誠に心苦しく思っておりますが、何卒、ご理解ご了承くださいますよう切にお願い申し上げます。

移転後はスペースも広くなり、今まで扱っていた食品、生活雑貨に加え、
フェアトレード雑貨、エコロジカルな日用品などより幅広くトータルなかたちでご提案できるようになります。

これからも、作る人と使う人の暮らしと環境を大切にした商品を広め
オルタナティブな情報を発信していく場として、スタッフ一同心を新たに努めてまいる所存です。

お客様各位には、ご不便をおかけする場面もあるかと思いますが、何卒、本意をお汲み取りいただき
これまでと変わらぬご厚情を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

移転先 
395-0002 長野県飯田市上郷飯沼2234-5「つきのいえ」
電話/FAX 0265-52-2666

移転後の営業時間 
11時 ~ 20時(仮)

移転後の定休日
未定

旧店舗の営業日
6月17日(木)まで

新店舗営業開始日
6月23日(木)
[PR]
# by ms66dj | 2011-05-26 17:19 | 情報

豆腐工房見学会

高遠町の豆腐工房「まめや」さんの新工場が始まったということで、
お客さん招待の工場見学に行ってきました。
年末におじゃました時は、ようやく新しい釜戸の目処がたったところで
内装はまだまだでしたが突貫工事で予定通りの運びとなったようです。

約10組が時間をずらしながら見学させてもらいました。
まめやさんの特長はなんといっても薪で大豆を炊くこと
(味噌と違って豆腐の場合、浸水させた大豆を石臼で挽いた呉
 『どろどろの大豆のペースト』を加熱します)。

そして今回からは揚げ物のフライヤーも薪で始めたことです。
微妙な火力を維持しつつ、揚げ物をする姿は美しい。
いや、豆腐を作るよりこっちの方が
職人技術じゃないかしら(失礼!)。と思うほど調整が難しいそうです。
今回は僕らが食べる分の揚げ物を見学してるその場で揚げてもらいました。
本当に揚げたての厚揚げやがんもなんて本当に贅沢!感動!その香りの豊かだったこと。

まめやさんの工房には電動で動くものは石臼とパッケージするための機械だけ。
すべての工程を目と手、舌で確認しながらの作業。
当たり前に食べている日常の食品にも様々なこだわりと情熱があるのだと改めて思いました。

c0155518_16574026.jpg

ここは3月から店舗になります。
c0155518_1745545.jpg

大豆洗浄器 手動!
c0155518_1752595.jpg

石臼。
c0155518_1761427.jpg

かわいい丸型の釜戸。
c0155518_177156.jpg

油圧の搾り機。これで豆腐と豆乳に分けます
c0155518_1782517.jpg

これがフライヤーの釜戸です!
c0155518_1791056.jpg

本当に忙しい
c0155518_1710527.jpg

お待ちかねの揚げ物
c0155518_17105224.jpg

いい香り、色、味。
c0155518_1712918.jpg

手前がお店スペースです
c0155518_17123853.jpg

向かい側は桜。春にいいですね。
c0155518_17135294.jpg

山室の街並み
[PR]
# by ms66dj | 2011-02-09 17:16 | のらりくらり

有機麹(こうじ) 受付中!

c0155518_15542515.jpg


味噌づくりキットの予約受付が始まりました。
国産の有機こうじをお届けします。
味噌作りはもちろん、甘酒作り、こうじ漬などにも。

昔ながらのこうじ室(むろ)仕上げ。
仕事人は有機味噌づくりの島根、やさか共同農場。
種こうじ菌は室町時代から続く京都の「菱六」さんです。

こうじは3種類

◎やさか有機米こうじ 1kg 1,418円
初心者にも手軽に扱えて、味噌、甘酒なんにでもよくあう

◎やさか有機玄米こうじ 1kg 1,617円
コクがでます。2年ものなど長期熟成させる味噌作りに最適

◎やさか麦こうじ 1kg 1,460円
さっぱりとした味わいです。独特のうまみがあります。一つ作っておいて
あわせ味噌のひとつに使うと美味しいです

年明けには味噌作りワークショップも予定しています。
「みそづくり」
詳細は年明けに。
[PR]
# by ms66dj | 2010-12-29 16:24 | 商品

市田柿入荷!

c0155518_15512289.jpg

今年も高森町の木下さんから市田柿が入荷しました。
減農薬の柿を無くん蒸で作っています。

柿もみという作業で柿の中から糖分を染み出させ、
それが結晶となって表面が白い粉で覆われたように仕上がります。
木下さんの干し柿は硫黄薫蒸はしていません。

一般品の多くは変色防止・殺菌防カビ・保存性を高める等の
目的で硫黄薫蒸処理が行なわれています。

素朴な味わいの市田柿をぜひ食べてみて下さい。
お正月や帰省のおみやげも
[PR]
# by ms66dj | 2010-12-29 15:50 | のらりくらり